各症状別勃起の問題の原因と予防。ED治療薬を服用して改善効果が期待できます。

シアリスを通販を利用して購入することサイト

ED(勃起不全)とは


ED(勃起不全)とは


ED(勃起不全)とは、男性の性機能障害のひとつである、陰茎が何らかの理由で立たなくなったり、十分に硬くならなかったり、途中で折れてしまったり、射精まで勃起が持ちこたえられなかったりする症状のことをひっくるめて言う言葉です。ちょっと前までなら、インポと言う呼び方をしていた病気のことですね。インポテンツと言う言葉の意味には、不能だと言うふくみがあり、男性が男性としての能力がないという様なことを言い表しているのだと言います。勃起の硬さが十分でなかったりすることも含めてこの様に呼んでいたのであれば、不能だと言う言い方は、実際この場合的確ではないことになりますね。




代表的な3種類のED(勃起不全)の原因


歳をとれば、人間誰しも老いて行くのは仕方のないことです。ED(勃起不全)の原因もひとつには年齢から来る理由が多いだろうと一般的には理解されているようです。でも、30代の若さでED(勃起不全)に悩む男性がいるのも事実、かたや60過ぎても現役だと言う男性もいます。この様に、ED(勃起不全)の原因が全て年齢的なことからであるというわけではないことも事実です。参照でED治療薬であるシアリスのメイン服用者の年齢は60代です。


心因性ED


EDといえば加齢を伴う高齢者に多い症状でしたが、今では若年層間でも勃起不全患者が増大傾向にあります。そこで何故若年層に勃起不全患者が増えてきたのかとういう問題がでてきますが、その要因となるのがストレスです。

何でストレスがED(勃起不全)を引き起こしてしまうのか不思議に思う人も少なくないかと思いますが、ストレスは交感神経を優位にして、血管収縮を引き起こします。ですから性的興奮を感じて脳からペニスへ勃起信号が送られても、血管収縮を引き起こした細い血管では海綿体へ十分な血液が送られず、満足いく勃起が得られないのです。

このストレスで1番多いと言われているのが、過去の性交での失敗によるトラウマです。特に真面目な性格な人や、几帳面、周囲から羨望されている人はこのストレスを受けやすく、上手くいかなかった時のことを思うあまり、それがストレスとなって勃起不全が引き起こされます。この原因の場合、 治療はシアリスをはじめED治療薬を服用して改善効果が期待できます。






器質性ED


男性の陰茎が勃起する仕組みを簡単にたとえを使って説明してみましょう。男性が性的な興奮を受けると、男性の局所に大量の血液が運び込まれ、その血液が毛細血管の集合体の様な組織である海綿体などに一時的に溜め込まれて、集まった血液の容量で陰茎が大きくなります。また、これでもかと風船に空気を吹き込んだら、風船がパンパンに硬くなるのと同じ原理で、陰茎の中に、もうこれ以上は血液を溜め込めないよと言うくらい血液が運び込まれる事で、陰茎が硬くなるというわけです。このことからもわかるように、勃起には性欲、血液、血管といったものが、深く関係してきます。ですから、性欲がなくてもダメですし、血管が故障していてもダメなわけです。ED(勃起不全)の原因となると考えられる病気がありますが、その多くが血液や血管に関係する病気となっているのは、この様な理由からなわけなのです。


EDの原因になると考えられる病気糖尿病


糖尿病になったら、それは近いうちにED(勃起不全)になると言う事を意味するのだというのは、知る人ぞ知る暗黙の了解。男性が自分が糖尿病であるということを明らかにしなかったり、隠そうとしたりする人がいるのも、ED(勃起不全)である事を察知されたくいないからなのだとか。糖尿病がED(勃起不全)の原因となるのは、糖尿病からの動脈硬化などで血液の循環が悪くなるからと言う事、そして糖尿病は神経の働きを鈍くするので、性的刺激を受けた脳からの指令がスムーズに陰茎に伝わらない為であると言われています。


高血圧


高血圧の人の1割程度は、ED(勃起不全)を併発しているとも言われる高血圧。高血圧と勃起不全は、すぐには結びつきにくいですが、高血圧も血管に関係してくる病気です。長く高血圧を患っていると、血流の圧力が必要以上に常にかかっているため、血管が常に圧迫を受け傷つき易くなるといわれています。また高血圧は、血流を弱めてしまう動脈硬化の原因にもなったりするからです。血流が弱くなるとせっかく性的興奮を受けても、思うように血液が局所に集まらないので、十分なぼっきが難しくなったりするわけなのです。


EDの原因になると考えられる男性ホルモンの減少


ED(勃起不全)を起こす原因になる性欲減退には、男性ホルモンも関係してきます。男性ホルモンの減少を招く病気もED(勃起不全)の原因となるわけです。例えば、ホルモンの生成に関係する腎臓の病気、慢性腎不全などもそのひとつだと言われています。また、病気とは言えないかもしれませんが、男性が中高年になって起こると考えられる更年期があります。女性の更年期と同じことですね。気分が滅入ったり、ちょっと鬱になったり、その時期は男性ホルモンの分泌もどうしても低下します。必然的に性欲も減退するのでED(勃起不全)が起こると考えられています。


老化がEDの原因


それから、年齢が高くなってED(勃起不全)になるという言い方は実際には正しくないですね。例えば、年齢が高くなって足腰が弱くなる為に走るのが遅くなるというようにです。年齢が高くなった為に走るのが遅くなるのではなく、年齢が高くなって足腰が弱くなった為に走れなくなるわけです。ED(勃起不全)の原因も高齢が直接の原因ではなく、高齢になるが故に起こる体の色々な機能や運動能力、そんなものの変化、老化がED(勃起不全)の原因となっていると考えるのがこの場合は相応しいですね。


ED(勃起不全)の症状を改善する対策


ED(勃起不全)の症状を改善する対策


勃起不全には全く改善余地が見られないものもありますが、正しいED改善策によって改善することができるものもありますので、今回はそのEDの改善策について説明していくことにしましょう。


ストレスを改善してED対策


ストレスによる勃起不全。これは完全に心の問題ですから、まずはトラウマを改善する方法を探りましょう。パートナーにそのトラウマについて相談するものいい方法です。パートナーに自分のED現状を理解してもらうだけで完治したという例も少なくありませんから、一緒に問題解決に立ち向かってみましょう。また、どうしてもダメという場合は通院がおススメです。クリニックでのED診断と投薬で殆どの患者が改善可能ですから、早めに通院してみるもいいでしょう。


ED治療薬で治療ができる


ED(勃起不全)になったからと、手術をしなくても大丈夫、EDを手術で治療していた時代は過去のものとなりました。今ではED治療薬で治療できる病気です。薬で、どのくらい治療できるのかと言うと、少しの効果のある場合も含めるなら、ED治療薬の服用の効果は、かなりのものだと言っていいかと思います。もちろん、もともとのEDの程度や、勃起不全になった経緯、また、ED(勃起不全)を患った期間などが関係して、一人一人の効果の出方は同じではないはずですが、薬が効かなかったという少ない例を除き、薬が効いた場合のその予想以上の効果に、驚いている方が実際に多くおられますね。たった1錠で、ここまでできるのかと、最初は半信半疑だった人達が、目を見張っているわけなのです。たった1錠のED治療薬錠剤を性行為のシアリスの場合は 1時間ほど前に呑んでおくだけ、その効果で、まるで、昨日までの自分ではないような、何十年も若返ったような、力強さを実感できるのだとしたら、副作用がどうとか言われていたり、薬の価格が高かったりしたとしても、やはり、賭けてみたいと思うでしょう。


通販サイトより購入する


周囲の目が気になる方にオススメなのが、個人輸入代行サイトでのシアリスなどの通販購入です。たいていの場合、中身がED治療薬であるとは分からない梱包になっているので、自宅に届いても、仕事先に届いても安心です。

通販を利用することのメリットの大きな一つは、クリニックに通う手間と時間を省けることでしょう。そして、「誰か知り合いに会ってしまうかも、、、」という心配もなくなります。自分の空き時間に、インターネットで注文をして、自宅や職場に自動的に配達されてくるのですから、これは本当に便利です。この便利さはかなりポイントが高いでしょう。

そして、インターネットでは、クリニックでは販売していないシアリスジェネリックも購入出来るというメリットがあります。これらはインド製のものが多く、不安に感じる方もいるかもしれませんが、有効成分は同じです。そしてこれらのシアリスジェネリックは値段が安いのが特徴です。これがインターネット通販でシアリスなどのED治療薬を購入する最大のメリットです。しかも価格も安価です。